ガスが止められた場合どうなるのでしょうか?

ガス 止められた 復旧するには!?|慌てないための基礎知識

MENU

閉栓になるまで

ガスを含む公共料金は、最長でも50日程待ってもらうことができます。ですが、あまりにも長期滞納が続くと、裁判による差し押さえがおこなわれる事もありますので注意が必要。ガス料金は、基本的には一度止められると滞納した分をすべて支払わないと開栓してもらえないのです。

 

全国の主要ガス会社が定める支払い期限は、だいたい検針日の翌日から30日ほど。支払い期限についての通知はそれまでに届いているはずですので、期限内に入金するようにします。

 

納付書に記載されている支払い期限内に支払いが済めば何の問題もありませんが、滞納が3回続くとガスの閉栓がおこなわれるものとなります。料金が確定した日の翌日…つまりは検針日の翌日から30日後が支払い期限日に設定され、滞納が2回目の支払い期限内に未納が確認されると、再度請求する通知が届けられます。3回目の再請求書には、支払い期限までに支払いしなかった場合は、今度は供給停止予告通知書が送られます。供給停止予告通知書に記載されている支払い期限日までに支払いが確認できないと、ガスの供給がストップされます。

 

供給停止予告通知書が送られてきた後でも、期限内に納付が確認されれば閉栓はされません。過ぎてしまうと閉栓されますので、必ず期限内に収めるようにしたいものです。納付書での支払いは、ゆうちょ銀行をはじめ銀行、コンビニでも納付可能。ガス会社の窓口にわざわざ行かなくて済むので楽です。


相談には乗のってもらえるのか?

ガス料金のを滞納して止められてしまうまでの日数は、供給するガス会社によって決められています。検針日の翌日から50日前後までに数回の督促通知が送付され、停止予告通知が最後。停止予告通知に記載されている納付期限を守らないと、ガスが止められてしまいます。この最終納付日前に連絡をすると、状況によっては相談にのってもらう事ができます。ですが、過ぎてしまうと無理。事情がある場合は、早めに連絡して相談するといいでしょう。ガスなどの公共料金の請求期間は厳しく決められているので、最終期限を過ぎると止められてしまうのは確実なのです。

 

例えば、東京ガスでは、相談は原則としては不可としていますが、停止予告書が届いた時点で連絡し相談すれば、特別な事情がある場合は考慮してくれるそうです。また、大阪ガスは停止予告書が発送される前であれば相談可能。他にも、東邦ガスや広島ガス、西部ガスなども、早めの連絡で相談に乗ってくれるようです。

 

ただし、相談不可としているところも少なくありません。北海道ガスや東彩ガスなどは不可としています。ガス会社によって異なりますので、滞納には気を付けるとともに、もしも滞納してしまったら早めの連絡をし、相談できるようであれば相談してみるといいです。

 

ちなみに、ガス料金を滞納して再度振替ができない場合は、銀行やコンビニで使える支払い納付書が送付されてきます。ガス料金の未払いが1か月分だけでなく複数月ある場合は、すべて一括払いをしたあ開栓となるとこが多いですから、閉栓されないように気を付けましょう。


ガス料金の滞納記事一覧

支払い期限と猶予期限...

近年、多方面への導入...

払いきれないほどのい...