ガス料金滞納によるマイナンバーと裁判との関わりについて

ガス 止められた 復旧するには!?|慌てないための基礎知識

MENU

公共料金とマイナンバーカード

近年、多方面への導入が本格化しているマイナンバーカード。一時は、その配達情報がニュースでも連日のように報道されていました。マイナンバーが導入されることでどのような変化があるのか、多くの人が関心を寄せているわけですが、公共料金の支払いについても同じことが言えます。近い将来、ガスや電気、水道といった公共料金の支払い状況や滞納などについての情報は、マイナンバーカードで管理されることが考えられます。

 

マイナンバーカードの導入において、今現在進行しているのが、社会保障と税金、そして災害に関する事です。これらに限り利用できるものとなっており、今後は他の分野にも順次拡大予定となっています。マイナンバーカードの機能が充実することで、番号を検索すれば公共料金の支払いも一発でわかるようになるでしょう。滞納については、即刻メールなどで連絡することも可能となるのではないでしょうか。

 

将来的には、銀行や病院などとも連携していく事が予定されており、公共料金もその計画に含まれるものとなっています。マイナンバーカードを提示することで支払い状況を照会することができ、滞納した際の手続きも効率的におこなえるようになります。

 

ちなみに、マイナンバーカードと信用情報機関とは管理システムが別物となります。が、近い将来には両者で連携するようになるでしょうし、そうなると横の繋がりができることになり、支払い状況の確認もスピーディーに簡潔におこなわれるようになるのではないでしょうか。


債権回収会社が裁判を起こす可能性あり

ガス料金を数カ月滞納している…などと長期化している場合、ガス会社では手に負えないとして、債権回収会社にその未払い分の回収を委託することもあります。委託された債権会社が未払い分を回収しようと動くのですが、問題がなかなか解決しない時は裁判になることもあります。裁判がおこなわれると給与の差し押さえもありますから、そうならない為にも早めに支払いもしくは相談しておく必要があります。もしも裁判が始まるとなると、その地域でのガス利用が制限されるものとなりますので、支払いが難しい場合は早めにガス会社や債券回収会社に相談し、解決方法を探るのが一番です。

 

ちなみに、すべてのガス会社が外部の債権回収会社に委託しているわけではありません。なかには、原則的にはやっていないところもありますが、将来的にはすべてのガス会社が外部に委託するようです。債権回収会社に委託するとなると、場合によっては訴訟の可能性も高くなります。

 

では、どうしても支払えない場合は、債務整理してしまうことはできるのでしょうか?実は、ガス料金をはじめ電気料金や水道料金といった公共料金の滞納も、金融会社からの借金と同じ扱いとなりますので、債務整理が適用されるものとなります。ただ、債務整理をしてしまうと、そのまま同じガス会社もしくは電気会社や水道会社の利用ができなくなる可能性が大です。管轄地域外に引っ越す予定であるのならまだしもそのまま住み続けるのであれば、ガス会社に事情を話し、滞納分の支払い方法について相談したほうが、まだ賢明といえるかもしれません。


関連ページ

ガスの復旧手続き
ガスが止められてしまった場合、どういった手順で復旧させればいいのでしょうか?
自己破産した場合
いろんな借金があり、ついに自己破産をしなくてはいけなくなってしまった…。 この場合、滞納していたガス料金はどうなるのでしょうか?