プロパンガスの料金は都市ガスに比べて高いのでしょうか?

ガス 止められた 復旧するには!?|慌てないための基礎知識

MENU

プロパンガスが高い理由

プロパンガス料金は、都市ガスよりも高いといわれています。その理由の一つが、自由料金設定だから。都市ガスは自由に値段を決めることができない公共料金なのに対して、プロパンガスは会社ごとに料金を設定することができます。ですから、同じプロパンガス会社であっても、料金はバラバラなのです。利用者はどのガス会社と契約を結ぶのか決めることができるので、場合によっては都市ガス並みに安いプロパンガスを利用することも可能なのです。

 

では、なぜプロパンガスのほうが高いのでしょうか?その理由は、契約者の家庭までプロパンガスを持って行かなくてはいけないから。輸送するコストや手間を考えると、どうしても都市ガスよりも高くなってしまうのです。

 

また、公共料金ではなく自由料金なのも都市ガスよりも高くなる理由となります。都市ガスでは、国や自治体へ届け出をして許可を得てからの営業となりますので、価格をそう簡単に変動させることができません。ところが、プロパンガスは料金に関して法的な縛りがないので、ガス会社独自の計算方法で料金を設定することが可能。

 

まず、プロパンガスをいくつかの流通経路を経て消費者の元に届けられます。この流通段階において、輸送運賃や充填費用といった諸々の費用が発生します。これらの費用に関しても地域によって異なり、高いところと低いところの差が大きくなっていることもあります。

 

プロパンガスはガソリンや灯油と同じく、ほとんどが海外からの輸入品です。ですから、産出する国が決める価格で買い取りますし、為替レートによっても左右されてしまうので、輸入価格が毎月変動してしまい…その下にあるプロパンガス会社は原油の高騰を理由に値上げをせざるをえないのです。

 

検針票には従量単価の記載がないので、なかには原油が上がっていない時期にも値段を上げるといった事も…。消費者にはわからないので、「ちょっと今月は使いすぎた?」なんて思うだけに終わるのです。この手口で、契約時よりも高い価格を請求しているプロパンガス会社もあるのですから気を付けなくてはいけません。


価格競争がないゆえに値段が高い

プロパンガス会社間には、価格競争というのがほとんどありません。それがプロパンガスの値段を高いものにしてしまってもいるのですが、長い間…実に40年以上にわたって高額安定料金をキープしてきました。同業者同士で顧客の奪い合いはやめよう、高い料金を維持しようといったことが、暗黙の了解としてあったのです。

 

ところが、1997年の4月に、プロパンガスの供給による法律・液石法が改定され、ガス会社は消費者に対して販売価格やサービス内容をわかりやすく開示する必要性ができました。つまり、価格の透明性を確保しなければいけなくなったのです。ただ、これは最初はなかなか受け入れられないものでした。

 

10数年ほどたった頃、ようやく業者間での競争がおこなわれるようになってきました。ガス会社の変更も始まってきています。しかし、まだまだ正常な競争とはいえないレベルです。


関連ページ

ガス会社は選べる
たくさんのガス会社がありますが、どこに頼むかは消費者が決めることができます。 適切な業者にお願いするようにしたいですね。